わいしー.com@投資部

リスクは取れないけど、資産を増やしたいなぁ

フィボナッチ

先日、サウジアラビアの石油関連の施設はドローンで攻撃されたと言うニュースがあったのに、実のところ南アフリカ的にはほとんど影響はなく、ちょろっとだけ通貨価値が下がったかな程度

f:id:waisy:20190917100432j:image

 

週末に石油施設攻撃のニュースが出たときに多くの投資家の方は月曜日やばいぞと思ったと思うんですが、株価はともかく南アフリカの通貨に関してはほぼ影響なし

 

参考までに株価についても見てみましょう

f:id:waisy:20190917101532j:image

 

結果論ですが、こういう時これは暴落するんだと言って、飛びつき売りをする、そうするとやられていたということになりますね

 

自分の経験則からヘッドラインで一時的に暴落したものはしばらくすると戻っていくと言う認識ですので、自分はこの時何もしていません

 

そうで南アフリカランドですが、相変わらず値動きがありません

 

目標としている7.7円、そこまでいくかそれが今最大の焦点となってますが、ここからの上昇はドル円の上昇に巻き込まれないと厳しいかもしれません

 

聞いたことがあるかもしれませんが、フィボナッチと言う規律がありまして、難しく考える必要はないんですけど、これぐらいのところで落ちつくみたいな数値があるんです

 

チャートをみてください

f:id:waisy:20190917102514p:image

 

直近高値と直近安値の値幅をまず出します

 

高値7.79

安値6.78

 

高値から安値を引くと1.01

 

だいたい1円です

 

ここでフィボナッチという黄金比を当てはめます

 

ネットからパクってくると

 

フィボナッチ比率は、比率として表される数学的な関係であり、フィボナッチ数列から導出される。 主要なフィボナッチ比率は、0%, 23.6%, 38.2%, 61.8%, 及び100%である。

 

よくわかりませんよね?

 

だから一般人はこう考えるといいと思います

 

 FXとか株価とかそういうのに当てはめて考えるテクニカル指標の1つで、このテクニカル指標を使う人はフィボナッチに関連した値段が来ると警戒する(上昇が止まるとか)

 

だけど警戒はしたものの、アッサリとその値段を突破して上昇を続けることもあるので、あくまでも1つの目安として考えて、必ずフィボナッチのようになると言うわけでは無いという事だけは頭に入れといてください

 

さて話が長くなりました

 

とりあえず直近高値から直近安値の値段を引いて1と言う数字が出ました

 

これが変動幅です

 

フィボナッチの計算をもとに現在の値動きに当てはめていこうと思います

 

1 x 0.62(正確には0.618だが、ザックリでもよい)

= 0.62

 

直近安値に、フィボナッチで計算した0.62を足すと

 

6.78 + 0.62 = 7.4

 

さて、今の価格は?

 

7.37付近

 

フィボナッチ信者は警戒してる価格帯だといえます

 

警戒すると言う事は、その辺で動きが小さくなってきたりして、さらに上昇していた場合、何かのヘッドラインで一気に下に下げたりする、まさに今回それで、実際のところ今は東京時間なので今後の値動きは決まるとしたらNY時間

 

でも、今週の金曜日にFOMC、アメリカの金利を決めようね委員会があるので、相場としては動きづらいのかもしれませんね

 

どちらにしろ南アフリカランドトレーダーとしては、今のところは静観

 

台風でやられた木の手入れをしたり、庭の手入れをしたり、ブログで収益を上げる方法を研究したりして過ごすしかないようです

 

フォロワー2000人 Twitterもやってます https://mobile.twitter.com/takapon_yc

にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村