わいしー.com@投資部

兼業トレーダーでありながら、南アフリカランド円で安定的に利益をあげる「わいしー」が提供するトレード情報。

分身を作ることの大切さ

 

仕事は分担

 

出来るやつに任せればよい

 

経理は会計士、法律は弁護士、役所の届出関係は司法書士やら行政書士などなど

 

確かにそれも一理ある

 

要するに金で解決できる部分なら金で解決って話ね

 

しかし、それはあくまで、代わりがいる状況での話

 

例えば

・会計士だったら会計事務所は沢山ある

・弁護士だったら弁護士事務所は沢山ある

・行政書士や司法書士も事務所は沢山ある

 

では社内の仕事について考えてみたらどうだろう

 

例えばある特定の人に全ての書類関連の作業を任していたとする

 

そして、その人が何らかの原因でいなくなったとする

 

ここで言う何らかの原因と言うのは、人はいつ病気や事故に遭遇するかわからないよっていう大前提

 

すると、前日まで普通に行えた業務がそれを境に全くできなくなる

 

これを常日頃、自分は人的リスクと言っている

 

一言で言えば、特定の人がいなくなることによって全てが崩れ去ること

 

では、そのようにならないためにはどうしたらいいか

 

大きな会社ならば代わりになる人はいるだろうけど、小さい会社の場合は代わりになる人がいない場合がある

 

うちの会社がそのパターンで特定の人に特定の仕事が全て集中しちゃって他の人は何も知らない

 

結局その特定の人に会社のウィークポイントを抑えられているのと変わらない

 

すると人というものは不思議なもので相手のウィークポイント抑えてると攻勢に出てくる

 

それは、俺がいなくなったら終わりだぞという形の特権を持たせているようなもの

 

そこで今、自分が考えているのは特定の人だけが持つその特権を散らし、他の人でも補完できるようにすること

 

そのためには特定の人だけが抑えていることを他の人も勉強しなきゃいけない

 

それには時間がかかる

 

よくわかってない人はこう考える

 

じゃぁ俺が出来る様に教わればいいんだろ!

 

クチでは簡単にいう人ほど肝心な事を理解していない

 

今日教わって明日から出来るなら良いですが、そんなレベルの物をそもそも人的リスクとは言わないし、自分は心配すらしない

 

誰でもできる

 

それはリスクではない

 

軽作業だ

 

誰でも出来るなら特権もないし、いなくなっても気にもしない

 

だが、特権の場合、いなくなったら終わる

 

どうにもならない

 

これ以上のリスクはない

 

と経営側の人は思うわけさ

 

これに気づくか気づかないかは人それぞれ

 

気づいたら対策を検討しましょう

 

それでは、今回の話はここまで!

 

でわ、また!

 

Twitterもやってます

https://mobile.twitter.com/@takapon_yc

 

ブログランキング参加中です

にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村