毒舌プラス思考

人生なんとかなるもんだ

やめるやめる詐欺

俺もうやめるよ

 

私もう無理

 

そう言いながらなかなか辞めていかない人がいる

 

その心理について軽く解説すると

 

やめると言う事は本心ではなく、やめると言うことによって周りが引き止めてくれたり、かまってくれたりするのではないかと言う非常に迷惑な心理が働いている

 

自分の経験から言うと、辞めると言っている人間は辞めない

 

やめる人間は既に自分の胸に秘めていて、渾身の一撃としてそれを発動する

 

そしていちど発動した場合それを決して取り消さない

 

自分も何度か転職したことがあるが、この仕事嫌だと言いながらすぱっとやめたこと1度もない

 

むしろ、やめるときの速さは半端ない

 

あるときは会社の後輩から突然やめますと言われ、じゃぁ俺も一緒に辞めるわ!

 

またあるときは、当時のY電機の店長が朝から日が変わるまで人をこき使って、自分の担当部署に人を出してくれなかったことがあった

 

1人じゃ捌けないから誰が人を補充してくださいと言った時に、その店長が言った

 

死ぬ気で働け

 

朝9時半から毎日日が変わるまで働き、帰ってきた答えは死ぬ気で働けだったから、やめるきっかけは簡単だった

 

ある時、同僚と休みを交代したのだが、そのことをすっかり忘れ仕事の日に休んでしまった

 

当然、会社から連絡が来て、自分が間違えた事を知った

 

ところが会社に行こうと思ってる自分に対してその店長が言った

 

今日はもう来なくていいから

 

行こうと思ったのに来なくていいと言われたら行かない

 

翌日から連日店長にはぼろくそ言われました

 

こなくていいって言っても普通は来るだろ

 

こなくていいって言われたら行かないだろ

 

その店長は自分が言った発言に全く責任を持たず、普段から部下に対し高圧的に接していたので、誰からも信用されていなかった

 

確かにその店長が着任するとその店の営業成績が上がったのだが、残念ながら残業代100%カット

 

残念ながら、当時のヤマダ電機はそういう店長が評価されていた

 

しかしながら現在では、そういったブラック企業体質が改善され(自殺者が出たから)結構良い会社になったらしい

 

ちょっと話が脱線したが、結局毎日同じ話を繰り返されたので頭にきて辞めた

 

その後のお店は大変だったらしい

 

自分が先頭切って止めてしまったので次から次えと離脱者が続出

 

一年後にお店に行ってみると知っている人はほとんどいなかった