毒舌プラス思考

人生なんとかなるもんだ

バカを説得するのは難しい

部下には

 

無駄な作業をやらせようとする

 

非効率な方法でやらせようとする

 

そして、その間、自分は何もしないという上司いませんか?

 

その上司、ちょっと何かをすると

 

オレ凄いだろってドヤ顔しませんか?

 

何でそうなるのか?

 

それはバカだからです

 

バカは他人から認められません

 

だから、他人に認められない代わりに自分から認めてもらおうとするのです

 

だけど、本質的に人の評価と言うのはその人の周りにいる人から行われるのであって、その人自身がどうこうできる問題では無いのです

 

周りに認められるようになるためには、認めてもらえるような行動を行わなければならない

 

ただここで1つだけ言うのは、別にバカに認めてもらうと言う行動は取らなくていいと言うことです

 

馬鹿は他人から認められていない

 

他人から認められていない馬鹿が他人を認める事は難しい

 

昔から天才と馬鹿は紙一重と言いますが、なぜそういわれるのか?

 

バカと天才は大衆の考え方と異なった考え方をするからです

 

天才の方から説明すると、大衆が気づかないことを見つけ出し、それを解決するチカラがある

 

代表例は世の中にまだ出回っていないものを作り出す

 

だから最初は天才のやってる事は大衆は見たことも聞いたこともないので変人扱いしてしまう

 

そして、世の中が変わり、後から認められるのが天才

 

それとは違い馬鹿は説明する必要もないと思うのですが大衆と考え方が異なっているのは天才と一緒

 

ここからが問題

 

自分の頭の中だけで物事が進み、世間一般から物すごく乖離したことを行うのだが、それが周りに迷惑にしかなっていない

 

将来のことを予測できず、場当たり的な行動をするが、その行動の根拠がなく、説明はもっともらしい事をいうが、やってる事がめちゃくちゃだから、結果、周りが混乱する

 

平気で方針を変えるから周りは迷惑し、天才は努力の先の結果を求めるがバカは努力なしに目先だけ追いかける

 

バカは目先しか見えない

 

都合良く解釈する

 

根拠がない

 

人が話す内容を理解できず、大事な部分は理解せずに部分的に切り取る

 

だからバカを説得するのは難しい